ymnk-day9


ymnk-day10

どうも、ダメ人間です

私さとう七味は家で一人でいる時の自分と、外で他人といる時の自分のギャップが結構大きい人間です。
だからどうしてもかなえちゃんに自分を投影してしまう。家では基本ナメクジだし、外ではしゃきしゃきしてしまう(多分そう見えないけど本人としてはしているつもり…!)。

なんでギャップが大きいのかというと、基本自分のことを「ダメな人間」だと思っているからだと思います。外ではそれを必死に隠そうとしています。これは意識的にでなく、とっさにやってしまいます。無意識レベルで自分のダメなところを隠そうとしている…。自分の本音を押し込めて偽った一番古い記憶は4歳の時です。たぶんそんなことを、30年近くやってきてるから身についちゃってるんでしょうね〜。
(これは生育環境とか、発達障害傾向とかの影響も大きい気がします…)

だから、家でも外でもあまり変わらない、ありのまんま生きてる人たちを見て羨ましいなと思っちゃう。

でも最近になって、周りの人は意外と自分のことなんて気にしてないなってことにも気がつきました。そしてありのまんまに自然体で生きている人たちは多分人の目なんて気にしてないし、自分のダメな部分でさえさらけ出して生きているんだろうなと思います。
もちろん全てをさらけ出してるわけではないだろうし、他人からはわからない苦労や努力もしていると思います。それでも私から見れば、自分のダメな部分もさらけ出して生きていけるっていうのは「なんて勇気があるんだ…!」と思います。そして苦労を感じさせないゆるい佇まいとかもかっこいいなぁと思うんです。そういう人に、私はなりたい。
…でも現実問題そうなれないから、マンガや写真、文章みたいな表現で自分の本当の部分を出そうとしてるのかもしれない、とも思います(わからんけどね!)。

スクリーンショット 2020-04-06 18.49.19



ダメな部分さえも、魅力に変えていく

ある漫画家さんが、ダメなところも人間らしくて魅力なのだと言ってました。素敵な考え方だなと思います。確かに外でシャキッとしてる人が家でだらっとしてたら人間味を感じるかもしれないし、普段だらだらしてる人が仕事真面目にやってたらかっこいいなってなりますよね。
ダメなところはもちろん改善してもっと自分を好きになりたいって思う。でもダメなところさえもポジティブに解釈して押し出していくのも強くて素敵だなって思います。特に漫画家は漫画のネタにさえしてしまえば、なんかもうなんでもありですよね。お金がなければ節約漫画を描けばいいし、肥満体型ならダイエットレポ漫画を描けばいい。離婚、借金、依存症…などなど大きな失敗でもネタにできるのは、本当にラッキーな職業だなぁって思います。

凹むことも多いし家では変わらずナメクジだけど、最近はそんな風にポジティブ変換することを心がけてます。


今日も、どこかの誰かに届きますように。